Leben


by satsuki_ok

出来事のプロデュース

毎日ニュースで「不況」「リストラ」「金融危機」
そして「強盗」「詐欺」「殺人」
どこかの国では「暴動」「戦争」「貧困」
恐ろしくバランスの崩れた世界。

この混沌から生まれてくるのは
パンドラの箱の最後の「希望」ではない気がする。

でもそんなときだからこそ
第1コリント13章13節
「こういうわけで、いつまでも残るのものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。」
という聖書の言葉の剣光がますのかもしれない。

この愛とは
「愛は寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、
人のした悪をおもわず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
愛は決して耐えることがありません。」
のこと指しているのであって、惚れたはれたの恋愛ではないことは言わずもがなだ。
もちろん生きていく上で、エロスも時には必要だとは思う。
肉体がある以上求めないではいられないのが、サガというものだから。

でもね。。。
サガ、それだけでは生きていけない。
惜しまずに与え続けるだけの突き動かされるような情熱にも似た魂のエネルギーもなければ。
「あなたを愛している」とは言えない。

人が人を愛する、これ以上のこれ以外の解決策なんてありはしない。
美辞麗句や御託を並べてみたところで、それ以外の解決策はないんだ。

甘えの時代からの脱却。

どんなに小さく見える愛でも、その一つでもきっとどんな宇宙よりも広く深い。

Do it!
なげやりにならない、あきらめない、目に見えない出来事をプロデュース。
Plan Do Check Action。。

変化は自分で創りだせ!


自戒の言葉。。
[PR]
by satsuki_ok | 2008-12-17 21:18 | ジジのひとりごと