クヲヴァディス・ドミネ

握りしめていた拳をひろげ、
解き放してしまうべきだろうか。。。
それとも
ずっと暖め続けていいのだろうか。。。

きっと、あなたは
ぼくの気持ちもいつか無くなると想っている。
信じきれないと。

貴女の記憶。。。
なくなってしまうことがあるのだろうか。。。
全力で走ったら、後が続かない。
そう思っているぼくもいる。

いつか途切れてしまうのだろうか。
時間という大きな波にのまれるように。

たとえば、
貴女が信じていること、
ぼくが信じていること。
空の色も変わる。
人の心も変わる。
望んでも、望まなくても。

数千年の時を超え
今なお信じられているものがある。

クヲヴァディス・ドミネ・・・。
貴女は何を望むのだろう。
[PR]
by satsuki_ok | 2004-12-25 18:57 | sensitive plant