旅の途中

何処を旅しているのかわからない。
何を探しているのかわからない。

再び会うことができるのか?
再び言葉を交わすことができるのか?

そんなこと、わからない。

いま、ぼくは、貴女のために
祈る旅の途中なのかもしれない。

貴女に出会えたことを
「共鳴」する心に出会えたことを
感謝していく旅の途中なのかもしれない。

今も流れている貴女の心。
何かを見つめ、何かに心動かされ、
固まることなく、動き続ける貴女の心。
ぼくはそれが好きだった。

そんな貴女が好きだった。

求められてもいないのに、
雨が降るように、
望まれてもいないのに、
生まれてくるように、
ぼくは、貴女に恋をした。
[PR]
by satsuki_ok | 2004-12-25 19:25 | sensitive plant