Leben


by satsuki_ok

求愛の声・・

三日月にぼくの求愛の声・・・。
甘くせつなくとろけるような囁きで・・・
今宵、激しいダンスを踊りたい。。

ただ、本能に身を任せ、
貴女の上で、月をみたい。。。
リズムの中で刻まれる

貴女の汗を感じながら、
枕に顔をうずめ、声を殺す貴女の上で
ぼくは単調な激しい動きを繰り返す。

吐息の中に、野生がのぞく・・・。
貴女の横顔・・・
ぼくを見て・・・
貴女が腕を噛めないように、両腕は頭の上でぼくの片手の中。
首筋がとてもきれいだよ・・。
甘く噛みながら、貴女の胸に囁きかける。。。

幾つもの夜を越えられるほど、
幾つもの切ない時を忘れるほど、
ぼくは貴女の中で溶けだしていく。。。

今宵・・・
ぼくの求愛の声・・・
優しく激しく切ない声・・・
抱かれるほどに美しい。。。
そんな貴女にぼくは酔う。。。
[PR]
by satsuki_ok | 2004-12-25 20:45 | sensitive plant