Leben


by satsuki_ok

君が眠るまで

どうしたら伝えられるんだろう
君の唇を指でなぞりながら
ラビットウエディングのあの黒いウサギのように悩んでいる私に


白いウサギの君が
その指先を口に含み
もっと…って
切ない声でささやくから

何もかも忘れてしまう


ゆっくりと激しいくちづけを何度となく繰り返し

君の胸に恋の軌跡を
残すんだ


探り当てたときの
君の甘く痺れる吐息


君が傷ついた分だけ
心の場所にキスしたい


誰にも邪魔されない
二人だけの時間に
甘い夢を見よう


君の内側から
私を感じて
君のリズムで


永遠さえ感じるほどに
何度でも

「愛してる」
「もっと愛して」

繰り返す波のように


君が眠りにつくまで
[PR]
by satsuki_ok | 2012-08-19 20:52 | fainal