大人の初恋

c0009762_912646.jpg

いくつもの小道を抜け
いくつもの夜をとおり
いくらかのぬくもりを
すこしばかりのやすらぎを
求め与えた蜃気楼の世界

まぶしい朝日に目がくらみ
立っている場所すら見えなくなる
明るみにでた自分の姿は
ひらいたままの傷口と
こびりついてる膿のあと

タイフーンの暴風で
痛みとともに剥いでいく
心が一緒にもがれてく

積み上げたとおもっていたすべての虚飾が
地殻変動とともに土台から崩れ落ち
津波のような激情でいのちさえも奪っていく

天変地異

あがらうことのできない想い

大人の初恋
[PR]
by satsuki_ok | 2005-01-02 09:13 | sensitive plant