悲しみの十字架

障害が多いことなどはじめから承知していたじゃないか
今更何を言ってるんだ
今更何を考える
今更・・・何に傷つく

手に入るか入らないかでその価値などかわらない
今更何を求める
今更何を悲しむ
今更・・・何を迷う

感じるこころが痛すぎてぼくのこころが死んでいく
今更何を言っている
今更何を考える
今更・・・何を伝えたい

求められていないのだから
求めたりしてはいけない
愛されていないのだから
愛したりしてはいけない

そんな法則誰が決めた

愛する人に愛されたい

そんな決まりがどこにある

主よ、主よ・・・
私はどうすれば・・・

幸せの意味がわからない
こころの傷が癒えません
あまりに痛みが激しくて
あなたの愛すら見えません

主よ、主よ・・・
どうかこの痛みは私にだけ
他の誰も傷など負わないよう
他の誰もしあわせであるように

私の十字架
主よ
ただあなたを信頼し
ただあなただけを愛せたら

この肉体が求めてしまう偶像
それゆえの悲しみなのでしょうか・・・
[PR]
by satsuki_ok | 2005-08-03 06:24 | パンの耳