Leben


by satsuki_ok

ホッとした瞬間

ここ数日間、仕事上のトラブルで、落ち着かない日々が続いていたが、先ほど決着が付いたので、ようやくコレでほっと一息つける。

平時からの基礎訓練はとても大切。
いざ出陣の際に、手間取って出遅れれば、それだけ、数日単位で対応が遅れることになりかねない。そう考えると、通常時における生活態度というものが、いかに重要であるか考えるまでもない。

オンとオフの区別を明確にしているつもりでも、心の片隅にはいつも緊急対応時のことが重くのしかかっている。
ぼく自身はそのストレスを「緊張感」と捕らえることによって、シミュレーションを楽しんだりする事も多い。

数値におけるデータ、画像による状況、文字による情報、それらをもとに様々な要因でもって分析をかけ、時間経過に沿った重要性をはかり、総合的に判断した上で瞬時に行動する必要性がある。乱雑な中で、整理はできない。

人一人の脳みそで考えるのだから、万全を期したつもりでも、予想外の現象が起こってくるのが現実だ。したがって、「石頭」では、それらのことに対処ができない。ある程度の柔軟性も必要だ。

この柔軟性という点に関して、気分転換が、キーポイントとなる。

グランディーババレエ団
某TVで楽しませてもらった。

基礎力がしっかりしている」からこその「崩れ」見事なまでの芸術だった(笑)
一度ナマで拝見したい。
瀕死の白鳥は絶品だったな。

オペラもクラッシックもかくあるべきかも知れない。
生々しい「生」は、堅苦しいものでは決してないね。

リラックスした時間の中で、ひとしきり物思いにふける日。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-08-21 16:09 | いきつぎ(TBの守)