Leben


by satsuki_ok

徒然に

ぶれないなんて
いまだにできない

たいせつなものだって
ときに忘れてしまう

迷ったり
漂ったり
突き進んだり
ぶつかりながら
生きてることを感じてる


楽しさばかりじゃなく
苦しいばかりじゃなく
いろんな味や食感を楽しむように
泣いたり
笑ったりしながら
ときに
しみじみ
生きていてよかったなぁって
感じられたら
きっとおおむね幸せなんだ。


余裕ないほど思い詰めることもあっても
生きていたら挽回のチャンスは来る。


時はツンデレ。


つかずはなれず
暮らしていくのさ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-10-21 07:20 | poem