とうとう、9.11だな。。。

選挙の日だね。
もう済ませてるから、本日は休日を楽しむ。
体調を整える日だな。。。

でも、9.11は別の日でもあるよなあ。。
あれからもう4年も経つなんて信じられないよ。
いまだに、決着のつかないテロ。。。

災害による被害で、マラウイの国の貧困状態への援助が足りなくなっているとニュースで知った。彼の国の貧困は深刻の度合いを増している。
あの笑顔を想い出すとき、無邪気な彼の「希望」が見えていたのに。。。

目の前の現実が変わらないからといって、祈りをやめてはいけない。
主の力は小さくはない。
ちいさな事でもいい、祈り続けたい。

祈るだけで何もしないと、思うのは間違いである。
何よりもまず祈らない信仰はないのだから。
祈りの力無くして、「愛」もまた存在し得ない。
祈りの力が十分に満たされたとき、行動は必ず伴ってくる。
ちょうど、飛行船の空気が満帆に張られたときのように、
充ち満ちたときには、ふわりと浮き上がってしまうものだと思う。

信仰は心の研磨剤だね。
余計なものは入らないのだ。
不純物の混じらない純粋なハチミツ。


何が原因で、あなた方の間に戦いや争いがあるのでしょう。あなた方の体の中で戦う欲望が原因ではありませんか。

あなたがたは、欲しがっても自分のものにならないと人殺しをするのです。うらやんでも手に入れることができないと、争ったり、戦ったりするのです。あなたがたのものにならないのは、あなたがたが願わないからです。

願っても受け入れられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。

貞操のない人たち。世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです。

それとも、「神は、私たちのうちに住まわせた御霊を、ねたむほどに慕っておられる。」という聖書のことばが、無意味だと思うのですか。

しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こういわれています。
「神は、高ぶるものを退け、へりくだるものに恵みをお授けになる。」
ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなた方から逃げ去ります。
神に近づきなさい。そうすれば、神はあなた方に近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗い清めなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。

あなたがたは、苦しみなさい。悲しみなさい。泣きなさい。あなた方の笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。

主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなた方を高くしてくださいます。

                   ヤコブの手紙 第4章 1-10節

[PR]
by satsuki_ok | 2005-09-11 11:02 | パンの耳