ことばへの欲求

話したいんだ
語りたいんだ
まだまだ もっと 話し足りない

自分の存在を焼き付けるように
私は 言葉を語りたい

それは風の音にかき消され
それは波の音にまぎれこみ
それは鳥のさえずりに叶わなくても

私は私の言葉を語りたい

まだまだ もっと 話したいんだ

私が私と向き合って
自分を見つめるこの時を
誰かに聞いてもらいたいんだ

たとえ答えのない
聴衆のない
ひとりきりのパントマイムでも
私は踊り続けるだろう

一度目覚めてしまった「ことば」への欲求
渇望する私の魂
この胸の鼓動を感じて欲しい

なにかわからないエネルギーに向かって
私は言葉を発信する
PCの画面の向こうにいるあなたに向かって
私は言葉を投げかける

受けとめられるか
放り投げられるか
捨てられるのか
わからなくても
私は言葉を想いを込めて送り続ける

風が風車をまわすように
風船が空に舞うように
私は言葉を綴らずにはいられない
説明も理由もいらない
私はただあなたに語りたいんだ
[PR]
by satsuki_ok | 2006-01-01 21:54 | poem