Leben


by satsuki_ok

能力評価

人事評価と言われるシロモノ
人間が人間を評価する基準てなんだろう?
と改めて考えさせられる。

一応のコンテンツは与えられた様式に記述されている。
視点、倫理観、規律、知識、分析力、理解力
企画力、立案力、処理能力、判断力、危機管理能力
行動力、折衝力、調整力、責任感、積極性、協調性
指導力、管理力

以上の点で概ね30項目にわたって細分化された「人間性」

このすべてで満点の人間がいたら怖い。。。

では、コレを客観的に判断する基準は?
そこに感情をいれないでいられるだろうか?
その人の背景を考えず、自分なりの判断でいいのか?
自分の評価ですら難しいというのに、
ましてや人の評価など、悩みはじめたらキリがない。

仕事関係で深入りした人間関係を私が好まない理由のひとつ。
仕事にあっては、ドライでいたい。
浪花節では進む話も進まない。
後ろを向いている時代ではないのだ、前に進まなくては。。

色恋沙汰も御法度。
人の気持ちは、カメレオンより変わるのだ。
メンドーはなるだけ避けた方が身のためである。
学生時代とは状況が違う。

私の判断の基準はおそらくひとつだろう。
持ち合わせている能力は人それぞれであるし、
満点の奴はありえない。
だとすると、何に興味を持ち、何をやろうとしているのか?
つまりは、心のあり方だということになるだろうか。

しかし、甘えと目標をすり替える奴がいる。
だだっこのように「こうしてくれないなら、やめます」と発言する輩が多いのには辟易する。
「やめたければやめればいい、もう子どもじゃないんだ」
楽しいことだけして過ごせるなんてありえないだろう。
自分で乗り切ろうと努力もせずに、他力本願で何とかなると想うなよ?バカタレ!
そういう相手には、申し訳ないがフォローはしないことにしている。
ごめんやして~ ^T^

仕事上でのひとりごと。。。
[PR]
by satsuki_ok | 2006-01-05 20:36 | ジジのひとりごと