Leben


by satsuki_ok

夢のあと

夢みたあと
あなたは何を見るのだろう
夢を知り
夢を語ったあなたは
何を見たのだろう

しゃぼん玉
はじける前のプリズム
いっそひとときの幻ならば
このまま空とひとつとなって
あなたを包みこんで離さない

何も語らずに
なにも求めずに
ただそばに

つかめそうでつかめない
近づくほどに遠くなる
虹の架け橋

あの日の空は
青かった
あの日の空は
高かった

草むらに寝ころんで
手足を伸ばして
大地になって見た夢は
いまでは日常に埋もれてる

それを夢だと言えなくて
あれが恋だと見えなくて
まっすぐな瞳だけ
変わらないまま
こころに風が吹いている

いつか壊れることを知りながら
思わずかざした手のひらで
シャボンがはじけて飛んでいく
[PR]
by satsuki_ok | 2006-01-20 23:11 | poem