Leben


by satsuki_ok

売買

私自身はあまり物欲がない(方だと思う)し、実用性重視で考える傾向があるために、必要な項目により、何事も選択していくことになる。
そこで、モノを購入する場合、おおかたは信用できる専門家の意見をそのまま取り入れることになる。モノで買うと言うよりも、ヒトで買う。値段は二の次だ。
その人を信用できるかできないかで、購入したモノの満足度も変わってくるからだ。
にわかに詳細にデータを調査したところで、その道のプロのように裏話が聞けるわけでもない。
ようするに、知り得る情報は、「おおやけ」な範疇を越えることはないと言うことだ。
それならば、「ヒト」で選びたい。

人となりというのは、仕事ぶりにもよく現れると思うので、数分話していれば、どの程度の人間かおおかたは見当がつく。
メンテナンスまで考慮に入れて提示される価格と、本体価格と激安セールのパーセンテージだけで、セールスされるのとでは、比較にすらならない。
しかし、昨今はそういったセールスをする店は非常に少ない。マニュアル化された激安商品店の台頭が目立ちすぎる。

本物のプロというのは、相手側に立って考えるコトができる大人だということだろうか。
リスクだ!コストだ!の管理がいくら上手にできたとしても、顧客のニーズに合わなければ、客は寄ってこないよな。

「信用」を売るということ、何か履き違えている気がするセキュリティ。
[PR]
by satsuki_ok | 2006-01-28 20:28 | ジジのひとりごと