Leben


by satsuki_ok

ユーモアの選択

恋愛でユーモアのセンスが求められるのは男だけ (ユーモアの選択)

なるほどねえ、女性から見た場合の「恋愛基準」てそういうものだそうですね。
おもしろい人がモテルわけですね。

何がおもしろいか?っていうのも、人によってまた様々だろうと思うけどね。(笑)
林家○-子なんて、すごいじゃないですか?(笑)
あの状態で笑える感覚、まるで、今の大河ドラマの妻のよう「内助の功」ですね(笑)

確かに、笑いのツボってモノが違うのは、
味覚が違うのと同じくらいに苦痛になってくるモノだろうね。
時間が経てば経つほどに、
その違いは歯ブラシの使い方に苛つくほどに、現れてくるんだろうなあ。

本能的に、感覚的に、はたまた直感的には、婦女子の選択は優れており、また、正しいということになるのでしょうかね。
となると、男性は、もとい、男性的な傾向の強い方にあっては、その傾向は逆に薄れていくということでしょう?

これによって、なんの効果が持たされるのか?

不思議なドラマが生まれそうですね?(笑)

ユーモアが警戒心を解くから、なんていうしかめっ面らしい解釈はさておき、なぜ女性特有の感覚なのか?不思議じゃないですか?
エロス的な要素がそこにあるとしか考えられないですね?
北風と太陽の有名な童話の世界。。。
旅人のコートを脱がすのは、「太陽」そういうコトになるでしょう。。。
コートを脱がされる感覚と言ったらいいのでしょうかね?
そこから、素の自分を見せても大丈夫という安心感が生まれてくる。
そして、いつのまにか、どんどん術にはまってしまう(笑)
そんなとこでしょうか?

身近に感じられる→親近感を持つ→話しやすい→会話が弾む→楽しい→ワクワクする
≒恋心
という図式でしょうかね?(笑)

コレを突き詰めていくと、こわいですよね?(笑)
楽しいだけでは、世間を渡っていけないことにふと気がついた時とか、ね?(笑)
大抵その時は手遅れになっているモノですし。。。

片目をつぶっていなければ、恋はできないと。。。そう言うモノかも知れませんけどね。
[PR]
by satsuki_ok | 2006-02-15 22:43 | ジジのひとりごと