to be or not to be

とあるサイトの管理人様が
トラバ大会を開催しているようで・・・
ぼくも参加したいのは山々ながら
・・・・いかんせん、まだ、やり方がわからん(苦笑)

ので、ほそぼそと、想いを綴ってみたりしようかな(^^;

お題、ね、これがまた、ふるってるんだな~。
「この世とオサラバするときに、
 あなたなら『愛したこと』「愛されたこと』の
 どちらを思い出したいですか?」
ってな内容なわけでして・・・。


で、ぼくはというとですね。
元来、甘えん坊ですから「愛されたこと」を思い出したいですね。
ま、それは冗談として・・・・。

自分が愛してたことを思い出すのって、なんとな~く、気が引けたりしません?
ぼくだけかしらん???
なんかさ、「これほど愛したのよ~」「これほど愛してやったのに~」みたいな・・・
感じもするわけで、押し付けがましそうな気がしないでもない(苦笑)
なので、ぼくは、「愛されたこと」に1票投じたいなあ。。。

と、ここで、とあるサイトの管理人様が

「見返りのない愛」について語っていたので・・・・
ぼくもちょこちょこっと考えてみたりする。

そもそも「見返り」とはなんぞや?と辞書を引いてみるとだね
「見られた返しに相手を見る」と書いてあったりする。

ということはですね・・・「無視された」「放置された」状態で
限りなく放置プレイな中で、愛し続けるっ中ことですかいな??
オイオイ・・・相手が生きとるか死んどるかわからん状態でですかいな?
ちょいと、ダンナ~酷じゃありませんか~!(笑)

んじゃあ、「対象のない愛」が存在しうるのか?
なんていう哲学的な境地まで、発展しそうな勢いじゃないっすかね?(笑)

もしそれやったら、愛してるんとちゃうわな。
想うだけやったら、口だけやったら、何ぼでもできるんちゃう?
・・・・・・・(いや、訂正、口だけでもできませんわ、ぼくは)

ちゅうか、愛してるって何やねん???ってことになるわな。
コミュニケーションのない「愛」なんてありえへんやろ?
おかしいんとちゃう?それ?
と、ぼくは思ったりして・・・。

かたっぽだけで愛が完結するとは思えへんなあ、やっぱり。
どんな状態(つまりは喧嘩してる時とか)でもやね?
コミュニケーションがあってこその、「聖書の愛」やね。

そもそも存在すら感じられへんかったら、
「寛容であることも、情け深いコトも・・・・云々かんぬん何もない」わけやからね。

わかってんのか?こら?そこんとこ履き違えたらあかんぞ!
(・・・・って、いったい誰に言うてんねん、ぼく:苦笑)

ま、徒然にそんなことも想ったりした。(笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2005-01-22 18:21 | いきつぎ(TBの守)