Leben


by satsuki_ok

時計の針の巡るのを
忘れるくらいに見送って
心の中を見つめ続けているようで
何も見えてはいなかった
からみついた藻に被われて
心の中が見えなくなった

透きとおる澄んだ水では
魚も住めぬ
落ち葉舞い降り
微生物とともに
腐葉土が流れ込む

生きている
生きていく

分解し続けながら
消化しながら

ただの分子になったなら
また一から始められるのだろうか
澄んだ水へと回帰できるだろうか

曲線の波
直線の角

御心は人から離れてあるのでなく
人の中にあるのだと
汚泥を浄化するフィルターのように
ぼくの心を濾過して欲しい

とめどなく流れ来る世の穢れ
魂が唸る、うめく
もがきながら
もだえながら
すり抜けていきたい

しびれるほどの冷たさの中で
喉元に甘さを感じる水が欲しい
まじりけのない御言葉が欲しい


目に見える望みは、望みではありません。
(ローマ人への手紙 第8章 24節)

死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、
今あるものも、後に来るものも、力ある者も、
高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、
私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、
私たちを引き離すことはできません。
(ローマ人への手紙  第8章 38-39節)

[PR]
by satsuki_ok | 2006-09-08 23:24 | パンの耳