ドイツ

あの演説はすばらしかった。
宗教、人種、性別、あらゆる枠を超えた「愛」だった。

ぼくは想う。
人が人に1対1で正面から接するとき、
分かり合えないなんてことは、もしかしたら、ないのかもしれない。
時間がかかったとしても、理解しようとすることは、
「愛」のはじまりではないのだろうか・・・。

ぼくは想う。
「知のないところに愛はない」と、やはりそう想うのだ。
知らなければ愛せない。
基本だと想うのだ。

愛したら、知りたくなる。
そういうものだと想うのだ。

表面上のことなど、些細なことだ。

しかし、人間誰しも個性があるゆえ、
相性というものはいかんともしがたく存在する。
ここがなんとも微妙なとこだね・・・(^^;
念のため断っておくが、
ここはぼくのblogなので、ぼくの想うことを書いてくので
そのつもりで覚悟の上、来てもらいたいと想うのだ。(笑)

『この惑星の平和、あらゆる差別の廃止のために、役に立ちますように...
 人間が歴史から学ぶように。』

本当に、久々に感銘を受けた、いいblogだったとぼくは想った。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-01-28 17:42 | いきつぎ(TBの守)