Leben


by satsuki_ok

言葉になる前


霧の中を歩くように
水滴となって落ち着く前の水蒸気に包まれて
音もなく色もなく漂っている
そんな言葉になる前の
愛しい瞬間

いつまでもそうして
掴むことなく
揺らすことなく
かすかな手の動きですら
散らしてしまわないように
そっとそっと息を吸い込んでみる

いつまでもいつまでも
気化してしまった心の粒を
泣き出してしまわないように
泳がせていたい

あらかさまなおんな
むきだしのおとこ
すべてを覆いかくして
あの高い空から
ひかりのはしごが降りてくるまで
誰からも見えないように
雲隠れしていたい

いのちになるまえの
祈りのように
言葉になる前の粒子のゆらめき
[PR]
by satsuki_ok | 2006-09-29 00:50 | poem