Leben


by satsuki_ok

静かな愛

あなたの視線の先に
あなたの瞳の中に映るのが
たとえぼくでなかったとしても
あなたが今しあわせなら。。。なんて
どれくらいの時を費やせば
ぼくは恋を悟ることができるのだろう

恋は奪うもの
愛は与えるもの

奪うことができず
手折ることができず
そっと胸の中にしまい込み
誰に告げることもなく
砂時計が堕ちていく

限られた時間と空間の中でだけ
夢みるようにあなたを想い
手のひらにサラサラとこぼれ落ちる
あなたの髪をすくように
通り過ぎる風を見つめている

あれはいくつの時だったろう
こんな風に熱い想いを秘めたまま
頬に滴る雫をぬぐいもせずに
星空を眺めていた

そしてぼくは恋をする痛みとともに
静かな愛を知ったのかもしれない
[PR]
by satsuki_ok | 2006-11-26 19:48 | poem