Leben


by satsuki_ok

ぴよちゃんのお墓

ぴよちゃんのお墓が
雨に濡れてる

ぴよちゃんのお墓は
桜の木の下

ぴよちゃんはぼくのともだちだった

うまれたてのまま
きいろいまま

ぴよちゃんはくわれてしまった

ぴよちゃんのお墓は
桜の下

ぴよちゃんはいないのに
そこにぴよちゃんはいないのに

いつまでもいつまでも
桜が咲いているんだよ

ぴよちゃんがいつの日かいってた

愛ってなんだろうって
好きな人もいないのに
どうしてこんなこと考えるのかなって

ぴよちゃんのそばで
ぼくは黙りこんだままだった

青空がきらいだって
泣けちゃうくらい嫌いだって
大好きなことほど
だいきらいだっていうぴよちゃん

ぬくもりが欲しかったぴよちゃんは
誰かにくわれて
いつも誰かと一緒になった

桜の木の下にあの頃のぴよちゃんはいないのに
あそこにお墓をたてたんだよ
ぴよちゃんのお墓だよ


[PR]
by satsuki_ok | 2007-04-17 00:33 | poem