出発

c0009762_19562016.jpg


土砂降りの雨の後
空気が一掃されて
生まれたての酸素が肺いっぱいに広がる

どの日にも似ていいない
過去からくるしがらみをすべて捨てて
見渡してみれれば山の限界と空の境界

狭苦しい箱の中からみる世界は
どこか窮屈で等身大にもなりきれない

もっと大きな愛が知りたい
もっと大きな喜びを知りたい

瞬きしている間に過ぎていく
そんなつかの間の楽しみよりも
自分自身をもっと大きく育ててみたい

小さくまとまろうとする
守りに入ろうとする
そんな自分に打ち勝つように
チャレンジし続けてみるのもいいじゃないか

積み荷の用意は万端だ
碇を上げよう!帆をおろせ!面舵いっぱい!

出発だ!

[PR]
by satsuki_ok | 2007-06-10 19:39 | poem