備前焼と北大路魯山人

今なぜ北大路魯山人か?

父が好きだった魯山人。
長生きしていたらきっと備前焼を作っていただろうな。

備前焼祭り

一度は訪れてみたいと想いつつ、毎年祭りに出かけることなく終わってしまって、ジーズンをずらして訪れているこの土地。
備前焼と織部が私は個人的に好きで、中でも木の葉模様には心惹かれるものがある。
器として完璧な美を見てしまうのかもしれない。

浮つかない落ち着いたものが好きだから、かな。

今度、備前を訪れたなら、庭をライトアップする、そんなものがほしいな。
毎日使いたい、そういうものが、飽きのこない本物ということなのだろうか。

「まごころ」というもの。
[PR]
by satsuki_ok | 2007-10-20 00:07 | ジジのひとりごと