Leben


by satsuki_ok

とある詩集によせて

心が震えると言うことは
何かを話さずにはいられなくなる
心が暖まると言うことは
話す言葉を超えてしまう

生活が織り込まれた生きた言葉たちにふれた時
心の琴線が震えた
あぁ、知りたかったのは
あぁ、語りたかったのは
こういう瞬間

あのとき感じたあのうねりは
あのとき考えたあのひらめきは
そういえばこんな風

一人一人が織りなすメロディーが
楽章になりオーケストラへと変わる瞬間
荘厳な祈りと賛美にも似て美しい

なんと多岐にわたりなんと細やかに
心とは作られているのだろう
人生というキャンパスの中
描ききれない日常を
デフォルメしながら
鮮やかに焼き付けてしまうなんて

カワセミが水中の魚を捕らえた瞬間を
写し取る写真家みたいに
食事の風景を
寝姿を
くつろぎのリビングを
言葉にできたなら
魔法にかかったみたいに美しくなりはしないだろうか

エネルギーが連鎖するように
あなたからわたしへ
わたしからあなたへと
こころが変換していく

ノイズのないピュアな世界

[PR]
by satsuki_ok | 2008-01-05 21:13 | 芸術?