ひとり遊び

いつからだろうね
ひとり遊びがうまくなって
寂しさなんて秋のせいだとうそぶいて
自分を変えようなんて本気で思わなくなったのは

気づいてしまった自分の弱さ
見過ごせなかった自分の意地っ張り

わかっちゃいるけどやめられない

それならそれで
なんだかんだ言いながら
今の自分を楽しんでしまおう

一色の色でキャンパスが染まってしまったら
もうそれは絵画ではないから
いろんな絵の具を落としてしまおう

水色も
赤色も
金色も
濃い青も
黄色も
ピンクも
緑だってぜーんぶ。

涙も
情熱も
理想も
知性も
感情も
恋心も
自然なままで
天然色のままぜーんぶ。

その方がきっときれい。
完成したときにはきっときれいに見えるはず。

だから今は素直になりたい。
ただ心のままに生きていたいと思うんだ。

[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-09 21:00 | poem