Leben


by satsuki_ok

カテゴリ:芸術?( 24 )

「宗教とは見えないものと交流する技術である」との一文からはじまるこの著書。
植島啓司
かなりクセがあっておもしろい(^^)
ぼくのblogのコアなファンの方々にあっては、喜んでいただけそうな本である。

読み進んでいるうちに、ふと人の存在は、バクチ的なものだなという気さえしてくる。
ある時点で選択を迫られる時、Aというものを選ぶか、Bというものを選択するかによって、
人の人生そのものが変わるコトも少なくないものだ。
それは、たった一瞬のことかも知れないし、持続的なことかも知れない。

では、その選択に当たっての、基準はいったい何であるか?
きわめて個人的な理由であり、そしてまたそれは個人の自由である。
このような混沌とした時代にあって、当然のことながら、その選択肢にマニュアルはない。
かくかくしかじか生きていくべきだ!などというマニュアルは存在しないのだ。

セックスというものを、度外視して語れる人生の方が少ないのだね。
人の一生は、セックスではじまりついには精神的な意味も含めてセックスに終わる。
たとえば、排泄行為にしても、そこには絶えず、性別がつきまとうのである。
毎日、毎回、その性を直視しながら、人は生きていかなければならない。

ここに性同一性障害を含むセクシャリティーの多様性が加味されると、さらに問題は深刻である。そのことを自分の痛みとして、想像できるであろうか?
生まれてきた性と、愛する人の性が、社会通念上認められない場合を、自分のこととして受け入れることができるだろうか?

信仰とは目に見えないものと交流する技術である。
神が見えないのである。命も見えないのである。
愛も心も魂もぼくはこの目で見たことがない。
肉体にまつわるコトだけが、唯物的にぼくの上にのしかかる。

ある事象について、「正しい」と判断する基準は、あくまで、それも個人的な見解にすぎない。
したがって、ぼくが導く結論は、神以外に正しい真実を知るものはないということだ。

目指す高みは、そこにある。

本を読んで、ぼくは今夜そんなことを考えた。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-31 21:27 | 芸術?
決して手にすることのできない愛を
触れることすらできない愛を
幼子を抱くことすら許されず
リンパ節が腫れあがる

引きずる片足に
ただ一人
口にすることすら許されない

すべての愛を凝縮し
短い時を駆け抜けた

おさかなが泣いている
なみだの海で泳いでる

からだの意味はなに?
こころの理由はなに?

たましいが詠んでいる

ふかいふかい沈黙のときが彼女を包み込む
戦い続けた祈りの中で彼女が最後に見たものは
マグダラのマリアの真実だったのかもしれない
[PR]
by satsuki_ok | 2005-01-02 09:32 | 芸術?

空気の画家

c0009762_20343854.jpg


マティスの絵
音の洪水

野獣と呼ばれた彼のリアル
静かな紳士の顔だった

静かな瞳に
激しい情熱

こころをのせると踊りだす
じっと見つめると透明な空間

空気を描く画家

ぼくがマティスを好きなわけ
[PR]
by satsuki_ok | 2004-12-16 20:43 | 芸術?
c0009762_23315598.jpg

この部屋で理想を求め
この部屋で想いを描き
この部屋で夢破れ
この部屋で耳を切り落とし
この部屋から連れだされた

この部屋を去る時に
この部屋を去った時
この部屋が遠い想い出になっても
この部屋は夢見た時と同じ風景

そこにあなたがいなくても
ここにあなたがいなくても
この部屋はいつもと同じ風景だから

せめてしあわせな一時を
せめて優しい一時を
せめて激しい情熱を
忘れることなくいたいのだ

忘却の彼方から
本当の静けさが訪れるまで・・・
[PR]
by satsuki_ok | 2004-12-14 23:40 | 芸術?