カテゴリ:ジジのひとりごと( 324 )

無題あるいは徒然に

うんざり、という言葉が
喉の奥に引っ掛かった小骨みたいに。

期待を裏切られ続けたら
よく使われるのかな。

繰り返し、反復されて
起こる刺激に対し
閾値を越えると何も感じなくなる
あれに似てる。


身体は単に素直に反応しているだけ。


そこには、期待とか失望とかない。


単なる生理的な反射にすぎない。


臭いのがわかってるのに、臭いを嗅いでしまうものとかのように
愛着があるわけでもないなら
きっとそんなときに
「うんざり」って
使うんだろうな。


でも、あのドラマで、あのシーンて、うんざりって、なんだか不自然で、陳腐に感じたのはなぜだろう。


小骨の正体は?
憎しみ、軽蔑、蔑み?


悪の正体は?
愛されなかった記憶?
信頼のない世界観?


珍しく頭痛がひどい。


悪意から愛だけは産まれない。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-23 21:15 | ジジのひとりごと

雨ばかりの休日

墓参りに出かけ
思出話をし
手料理食べながら
相撲をみる


朝が来て
いつもの時間
朝食をとり
1日の計画をうちあわせる
昼下がり
ワンコのシャンプーをし
自分もシャワーを浴び
コーヒーで一息


雨の予報と
競争するような休日だった

それでも
やっぱり休みはいいな(笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-19 21:15 | ジジのひとりごと

ワンコのキス

体調不良を心配したワンコは、額にそっとキスをする。
ありがとうと言うと、足元へ移動して、一緒に寝てくれる。

早く元気にならなくちゃなぁ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-13 08:25 | ジジのひとりごと

馴染み

顔馴染みというのは、それだけで、なにか安心感があるものだ。

かといって新しい出会いも楽しいこともある。


バランスよくあるといいのだろうね。


私はそんなに器用でないので、新しいだけも、馴染みだけも、なんだか息苦しく思うことがある。



あ、私の話にオチはないので、申し訳ない。


ん?


だれもそんなこと求めてないかっ(笑)


空気感みたいなものって、やっぱり大切なんだな。って、今日改めて感じたから、リアル世界で。


いろいろあちこち痛いけど、明日もとりあえずがんばってみよ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-07 19:07 | ジジのひとりごと

時間軸と自分軸

時は流れていく
人も変わっていく
何が変わらない?

外的なものは止めようがなく
しかし
自分だけでできることはひとつある

残されたひとつを
手放すのも
育てるのも
信じるのも
あきらめるのも
自分次第

誰もその選択肢を誘導もしない
責めもしない代わりに
責任も持たない


全ては自分。


経験則なら、私的なことには、大多数の意見は役に立たないことが多い。


かといってがむしゃらもなよくない。


時を待つ。


あるいは、熟成させる。


私のなかでは
すでに育てると
結論がでているのだろう。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-04 20:50 | ジジのひとりごと

おやすみのキス

寝たフリをしていると

そっとキスをしていく


よだれつきのまま


私の夜はワンコとともに。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-09-01 22:44 | ジジのひとりごと

嵐の前

静かな夜だ。

嵐の前ってほんまに静かなんやな。


なんかみんな幸せやったら、そいでええんちゃう?
って、思えた。


自分自身はきっとそんな姿を見るのが好きなんやな。

自分にはそんな才能ないから、たくさんの人を幸せにしてる人を見ると応援したくなる。


ほっこり。



そんな夜だ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-08-28 20:37 | ジジのひとりごと

あっついなぁ

空だけは秋っぽいのに、なんやこの暑さは…。


あかんでしかし。


メロンクリームソーダなんかを飲んでまうやん。


あっついわっ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-08-25 20:53 | ジジのひとりごと

秋みたいな空

台風の影響か、まるで秋のような空模様が続いてる。

一年のうちで一番好きな季節だ。


理由なんかない。


好きなものは、直感。


楽しみな季節。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-08-23 19:25 | ジジのひとりごと

リレーすごい!

銀メダルとれるなんて、すごい時代になったなあ。
[PR]
by satsuki_ok | 2016-08-20 17:08 | ジジのひとりごと