Leben


by satsuki_ok

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「宗教とは見えないものと交流する技術である」との一文からはじまるこの著書。
植島啓司
かなりクセがあっておもしろい(^^)
ぼくのblogのコアなファンの方々にあっては、喜んでいただけそうな本である。

読み進んでいるうちに、ふと人の存在は、バクチ的なものだなという気さえしてくる。
ある時点で選択を迫られる時、Aというものを選ぶか、Bというものを選択するかによって、
人の人生そのものが変わるコトも少なくないものだ。
それは、たった一瞬のことかも知れないし、持続的なことかも知れない。

では、その選択に当たっての、基準はいったい何であるか?
きわめて個人的な理由であり、そしてまたそれは個人の自由である。
このような混沌とした時代にあって、当然のことながら、その選択肢にマニュアルはない。
かくかくしかじか生きていくべきだ!などというマニュアルは存在しないのだ。

セックスというものを、度外視して語れる人生の方が少ないのだね。
人の一生は、セックスではじまりついには精神的な意味も含めてセックスに終わる。
たとえば、排泄行為にしても、そこには絶えず、性別がつきまとうのである。
毎日、毎回、その性を直視しながら、人は生きていかなければならない。

ここに性同一性障害を含むセクシャリティーの多様性が加味されると、さらに問題は深刻である。そのことを自分の痛みとして、想像できるであろうか?
生まれてきた性と、愛する人の性が、社会通念上認められない場合を、自分のこととして受け入れることができるだろうか?

信仰とは目に見えないものと交流する技術である。
神が見えないのである。命も見えないのである。
愛も心も魂もぼくはこの目で見たことがない。
肉体にまつわるコトだけが、唯物的にぼくの上にのしかかる。

ある事象について、「正しい」と判断する基準は、あくまで、それも個人的な見解にすぎない。
したがって、ぼくが導く結論は、神以外に正しい真実を知るものはないということだ。

目指す高みは、そこにある。

本を読んで、ぼくは今夜そんなことを考えた。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-31 21:27 | 芸術?
恋愛物語展~どうしてひとりではいられないの?~

サイト検索中に、おもしろい場所に出会った。
同じようなことみんな考えるんだね~、しみじみ(笑)

一人一人は全然似てもにつかないものなのに、
なぜこうも似通った想いになったり、考えになったりすることがあるのか?
不思議じゃない?
恋したらみんな詩人になったりするわけなんだね、おもしろいね?(笑)

まあ、考えてみれば当たり前のことか。。。。
芸術そのものが誰の心にも理解不可能なものならば、
そもそも芸術の存在はいらないのだね(笑)

そして、そのテーマにダントツ多いのが「恋愛」であることも
また同じ要素であると、そういうことなんだね。
つまり、誰でも「恋愛」すると言うことだ(笑)

太陽で水素の核融合が起きて、生まれ出てくるエナジーの爆風で
地球のコアが揺れて、オーロラが生まれる。

恋愛って、そういうものなんだね。

ここで、想うことはつまり、
地球自体にもしも磁場がなければ、
そもそもオーロラはできないと言うことだね。
それは、つまりは、「自分」というものがあり、
その存在を認めていなければ、オーロラはできないと言うことだね。

太陽も地球も生きてるんだね・・・きっと。
命の輝きは、一定しないからこそ、美しい。
移りゆくそれもまた、生きている証なのだということでしょかね(苦笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-27 19:25 | いきつぎ(TBの守)

今日のHIT♪

TOKYO TODAYへ TB
ほめ言葉はキュート以外で(今度はイケそう♪)

blogの勉強しようと想って散策してたら、
なんだか、いい言葉があったんだよな、ここ。
とくに、これ「ほめ言葉はキュート以外で」。。。

いいね、いいね~(^^)
そうだと思うわけだよ、ぼくも。
年齢なりの魅力って言うの、あるよね?
babyはね~。。。ちょっとね。。。
そういうの好きな人もいるんだろうけどなあ。。

ぼくは、やっぱり「オトナ」の女性がいいね~。「オバチャン」ではなくて。
女性にはいつまでも、どこかに「恥じらい」があって欲しいわけだね。
たとえそれが屈折してても(--;
ええ、それが、たとえ湾曲するくらいであっても。。。(--#

なんでそんなにこだわるのかね~、年齢にさ。。。

その人その人の魅力って、あるわけでしょ?
それなりの人生経験があればこそ、
滲み出る、かもし出される雰囲気って言うの?
いいじゃないね?それ。

ぼくは、大歓迎~♪

だので、CUTE以外のほめ言葉をバンバン使いたい~♪
そこのあなた!
我こそはと思うなら、ぼくとリンクしてみません?(笑)
もっと自信持って欲しいよな。。。。
いつもどおり不適で不敵な存在で(ーー;

なんてことも想ってみたりして。。。
これでもかっ!て、くらいのサービスしてみましょう!
二晩空けちまったお詫びの印し・・・・投げキッスくらい受け取れ~(爆)
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-13 20:54 | いきつぎ(TBの守)

オヤジに捧げる賛歌

エロ話の向こうから
彼らの優しさが滲みでる
孤独な戦いへのため息を
グラスで飲み干している

語りきれない熱い想いを
握った手の力に込める

不器用に燃え尽くせない大きな愛を
安酒場の歌にして
時には、子どものように甘えてみせる

そんなオヤジが好きなんだ。

真っ直ぐにぼくを見つめて
「後は頼む」というオヤジ
「時々思いだしてくれ」
その肩に一瞬、力がみなぎって
こらえた涙が固定される。

ぼくはそんなオヤジが好きなんだ。

こじゃれたカフェでグラスを傾け
ポツリポツリと語ってくる
「一緒に歩んでいってくれ」
「これから変えていきたいんだ」
目線で語るその瞳。

受けとめたから、仕事への情熱
受けとめたから、家族への愛情
受けとめたから、ぼくたち後輩への贈る言葉

オヤジ。。。
濡れ落ち葉なんかになるんじゃねーぞ!
ウダウダしてたから、
その背中蹴りつけに行ってやる!
いつでも大きく構えていて欲しい。

ぼくはあなたの背中で育ってきたから
忘れる事なんてできないよ
そのぬくもりをぼくは大事に育てていくよ。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-12 19:16 | poem

読書の中で・・・

心で見る世界

ぼくの書斎に、ずいぶん前に購入した一冊の本がある。
それを何とはなしに、ひさびさに今夜は手に取ってみた。

「心で見る世界」 島崎敏樹 著  (岩波新書)

この中の一節にこんな言葉を見つけた。

「愛の要求」
この言葉から、誘引される若しくは連想されるのは
あなたにはどんな事柄だろう?

この本の中には、こうあった。

「相手に質問をあびせるのは、
相手に自分を開放して与えずにいながら、
先方に『自分と共にあること』を要求する態度で、
文字どおり 『愛の要求』なのである。」

興味深い考え方だと想った。ん~。。どこかで体験したような話である(苦笑)

またその中にこうもあった。

「心理学者のレルシュの言葉で表現すると、
 女性の自己没却は『慈愛』において発し、
 男性の自己没却は『英雄的(へロス)行為』
となって発するという」


人間における
女性的なものは、相手と自分が一体となって休らうことを望むし、
男性的なものは対者と戦い征服する前進的行動を欲するように見える・・・と。

<はて、どこかで聞いたような話だ(笑)>

ここで注目すべきは、「○性的」
あくまでも「的」つまりは、「~のような」と言う点でもある。
ぼくの中では確かに両面があるが、いささか男性的な要素が強いらしい。(笑)
山に登りたくなるのは、その象徴らしいのだね。(^^;

本というのは、おもしろいね。
読む時によって、全然違った見方ができる。今回改めて痛感した。

聖書が「THE BOOK」な訳も、納得できると思う。
人の数だけ、人の命の時の数だけ、生きてる言葉。。。
まさに「本」の中の「本」(笑)

検索してみると、いろんな心で見る世界があった。
その中の一つに、聖書の言葉があったので、
冒頭にリンクを貼り付けてみた。
暇のある方は読んでみられるといいと思う。

今夜は、詩作のための勉強中。。。。(^^)
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-07 22:44 | いきつぎ(TBの守)

随想のひととき

人の評価というものほど、あてにならないことはない。
ましてや、その相手がどれほど自分のことを理解してくれているのかで、
当人の思いとは全く違った答えがそこから導き出されたりする。
誤解が起こることは避けられない。

では、このことから、なにが言えるだろう?
理解してくれていない<誤解する<説明しない

もしくは
説明しない=誤解する

では、そのことがわかった上で、何故、説明しないのか?
①誰かを傷つけてしまうから
②説明しても無駄だから
③自分のためにそうしたいから

ぼくならそういう判断基準かな。
③が、理由に昇ることは滅多にないけどね、プライベートでは。

見せ物ではないのだよ、人の人生なんて。
ネットで知り合う人はみなそれぞれPCの向こう側で、
生きている人間だからね。
茶番劇とは違うんだ、幻想の世界なんかじゃない。
まぎれもなく、その人の心が底に流れている。
つくりものの世界で生きる事はぼくにはできない。

野性的な人だから、元来は(笑)
ぼくにはぼく独自の識別能力があって、
それは人には説明できないものかも知れないな。

ふと、そんなことも考えてみた。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-06 11:31 | いきつぎ(TBの守)

陶芸と父の旅立ち

ぼくは、陶芸に実は興味がある。
とはいっても、芸術的なセンスなど、
持ち合わせの少ないぼくなので、
どんなものが作れるのかわからないけれど。

それにもっぱら、現在は、
「いずれは趣味にしたいな」程度にしか
考えてないんで、よくは知らないんだけどね。(苦笑)

これは、実は亡くなった父の夢でもあったんだよね。
魯山人が好きな父だったんだ。
あのゲテモノ趣味だけは、真似できないけれど、ね(苦笑)
おもしろい人生を送った父ならば、
きっとおもしろい作品を作っただろうと想うのだけどね、残念だよ。
母が時々庭を見ながら、
ここなら「釜が作れるのにね~」と、つぶやくことがある。
父の作った作品を見てみたかったと。。。

まるで駆け落ち同然で一緒になった父と母。
周囲の誰一人からも祝福はなかった。
父は家を飛び出し、故郷を捨てて、母と暮らすことを選んだ。
慣れない仕事をし、自分と違う価値観に囲まれながら・・・。

父の唯一の生きる糧は、母だった。
その母を失うことが父には何よりも恐怖だったに違いない。

病床で背中の激痛と戦う父の姿に耐えかねて、
母は何度もナースコールをしてしまう。
「すんまへんな、何度も。
 ぼくが痛がるものだから、
 こいつが何度も、お呼び出ししてしもて。
 堪忍してやってくださいな。」
父は、ナースに何度もわびを言う。

「なんかしてほしいことない?」
問いかける母にいつも父は同じ答えだった。
「いてくれるだけでええんや」

初七日の当日、ぼくは父の夢を見た。
その場に母はいなかったが、二人の間では暗黙の了解だった。
この場に母がいたら、きっと引き留めてしまうから、
母には内緒で旅立つのだ。
「どうや、今日は決まってるやろ?何点ぐらいや?」
父はとても普段からおしゃれな人だったので、こんな事を聞いてきた。
「ん~、75点かな」と、本当は100点だと想っていながら、ぼくはそう答えた。
「なんや、100点満点に言うてもらえるおもてたのに、残念やな~」
父が目配せをした。
そろそろ本当に旅立つのだ。
「うそやよ、決まってるよ。」ぼくは、心を込めて一言そえた。
目が覚めて、涙が止まらなかった。

あの時、本当の親子になれた気がした。

祖父母もなくなり、ほとんど今では交流のない親戚。
父の安らかな死に顔を見て
「気むずかしい人やったのに、ようここまでしてくれはりましたなあ、おおきに」
と、母に伝えて欲しいと言ってくれた。
ぬけるような青空の下、たなびく煙となる父の最期の時
半狂乱の母のそばで、ぼくは泣くこともできず、
一人ずっと、その言葉をかみしめていた。

その時の涙も、初七日の日、ようやくぼくは泣くことができたんだ。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-06 10:52 | つぶやき(消耗品)
c0009762_165548.jpg


父が集めたコレクションの一つ
幼い頃から、なぜかこの風景に憧れた

民話の世界のようなこの風景

ノスタルディアというよりは、憧憬に近いものだった

手に入らないから欲しいのではなく
そこにあるかも知れない「あたたかさ」を
無意識のうちに慕っていたのかも知れない

会話もほとんどしなくても
互いにその存在を感じるだけで
通い合うなにかを
そこに見ていたのかも知れない

ごく自然な流れの中に
至極自然な姿の誰かと
ぼくはこの世界を生きてみたい
[PR]
by satsuki_ok | 2005-03-05 16:12 | つぶやき(消耗品)