Leben


by satsuki_ok

<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

三浦綾子から学ぶ罪と許しの心理学

カルトやマインドコントロールについて勉強するつもりで、ネットを検索していたら、以前アダルトチルドレンについて、ききかじった時と同じ場所にたどり着いた。

私自身は、三浦綾子さんの「氷点」について、読後あまりよい印象を持った覚えがない。
「道ありき」についてもまた同様であった。
そのほかにも数点読んだ記憶があるが、人気ある作家な理由が、今ひとつのみ込めなかった覚えがある。
比較対照としてはいけないのだろうけれど、曽野綾子さんの方が、むしろ私は読みやすいと感じた覚えがある。

そんなことはともかく。。。

私が今回体験した「恋」は、いくつかのマインドコントロールの手法を用いて、組み上げられた感が否めない。
それは意識化であったか、無意識かであったかは、この際大きな問題ではない。
なぜなら、それに敢えて、いや、むしろ喜んで自分が埋没していったことが問題なのである。

マインドコントロールに似たような言葉で、セルフコントロールというのがある。
他者から与えられる「マインド」と、自分で作り上げる「セルフ」の違い。
どちらも自分自身のこころの中に働くものであるが、誤って混同してはいけない。
自我は複雑な構造をしており、その構造の解明は、過去の体験のみならず、現在の感情的要因も含まれており、それ自体を許容することは一筋縄ではいかないものだ。

理論上いろんな仮説を想うままに立てることのできる「ネット」というものは、
そういった意味では、非常に「カルト」、「マインドコントロール」するに最適の条件であろうと思われる。
このような環境下では、よほどのコトがない限り、人はその魅力にあがらうコトは難しいのかもしれない。

今回紹介しているサイト内では、多岐にわたるテーマで、心理学的アプローチがされている。
興味ある人は一読を勧める。
ある意味では、恋愛は一種のマインドコントロールとセルフコントロールの絶好の場所である。
性的なコトを含めて、本能から宗教の世界まで、すべてを網羅する人の感情は、これ以外には私はありえないと想っているからである。

それゆえ、「煩悩是道場」なのかも知れないと私は思う。

・・・・・・・・なんてね(笑)

仕事行ってきます!
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-28 04:48 | 芸術?

神様へ

ぼくな、ほんまにかっこわるいねんで、今。
今まで生きてきた中で一番かっこわるいねん。
でもな、ぼく、今幸せやねんで。
ぼくな、生まれて初めてやってん。
あんなに一人の人のこと想たの、生まれて初めてやってん。

ぼくな、ほんまに、嬉しかってん。
そんな人に出会えたことが
メッチャ嬉しかってん。

アホやとおもうねん。
ええ年してみっともないとおもてんねん。
けどな、それでも、
ぼく今幸せやねん。

一生会うコトなんてないやろけど
それでもぼくええねん。
あの人のこと幸せにしてな?神様。

ぼくな、こんな「出来損ない」やけど、
たった一つだけ願いを叶えて欲しいねん

あの人がこれからずっと
寂しい想いをしないですむように
いつも心から笑顔でいられるように
あの人を幸せにしてあげて欲しいねん
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-27 20:41 | パンの耳

静かな朝

とても静かな朝
こころの中も凪いでいる
懐かしい想いに満たされて
晴れた空に小鳥の声
ただれた心に沁みてくる












こんな時は

c0009762_559576.gif

[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-26 05:57 | いきつぎ(TBの守)

白鯨

白鯨

気分転換にクジラがみたくなった。
せっかくネットがあるのだから、この際「白鯨」を探してみようとおもった。
中学時代にさっと読んだだけだったのに、名前だけは妙に印象に残る作品だった(笑)
今となっては、「老人と海」と、どこかがかぶってしまうほど、あやふやな記憶だ(苦笑)
そこで、簡単に想い出す?ために、上記のサイトを見つけた。

こうしてみると、星の王子様にしろ、アルケミストにしろ、「人生は旅である」と、古今東西で人間の感性は同じであるのだね。

そこで、ぼくは、ある時ふっと想ったのだ。。
それは中学時代にやたらとフィクション、ノンフィクションジャンルにこだわらずに様々な本を読みあさっていた頃のことだ。

こうして、肌の色も言葉も育った環境も違うのに、
なぜ、同じコトを想うのか。。。
なぜ、同じように感じたりするのだろう。。。
そして、土地土地に応じた神の存在が、ぼくにはとても不思議だった。

人間は人間として、一つの生物の種類である。
そうすると、それに共通の神様がいないのは、おかしいと想ったんだ。
すべての人に「共通する」神の存在がなければならない。
また、そうでなければ、神ではない。
ぼくは漠然とそんなことを感じていた。

それゆえ、ぼくの中では「唯一の神」であると言い切るキリスト教だったのではないかと想う。
知性的なアプローチをしてみても、ここへ到達するようにぼくの論理は展開される。
もちろん、洗礼を受けたり信仰を選んだ時は、それだけではなかったけれども。。。

ぼくは決して、聖なる人間でもなければ、ごく普通のありふれた感覚の持ち主。
悲しみもすれば、悔しくも想うし、憎しみすら覚えることもある。
そんなぼくが「くつろげる」数少ない場所。

ぼくは彼女だけがそばにいる時だけ、その安らぎを感じることができていた。
それはただぼくの幻想に過ぎなかったわけだけど。。。
こうして、一人きりでPCに向かう時も、空を見つめる時も、ぼくにはいまでも彼女が生きている。
そんな時、まるで信仰のようだと、いつも想う。

もうきっと二度と出会えることはないのだろうな。。

そんなことを考えながら、ぼくは白鯨を見つめてた。。。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-20 21:36 | 芸術?
c0009762_20463860.jpg

雨上がりの新緑
まぶしい緑が目にしみて
これから続く未来の道
霧にかすんでみえなくても
ぼくが歩くこの道は
主も共に歩いてる

見たこともなく
聞いたこともない
主の呼び声を
君も信じているのなら
傷だらけの十字架の下
崩れ落ちるマリアを知る

光の向こうに踊る影
プリズムのセパレート
ベースラインは変わらない
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-15 00:00 | パンの耳
よだかの星
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-14 23:57 | 芸術?
キャラミル研究所 ツキアイゲノム

以下はぼくの診断結果です。
かなり長いので、興味のある人は読んでください。(笑)
ウラゲノム:考え方のクセ

ウラ1:「ワイルド」思うがままに楽しいことをやりたい「イエーイ系発想」
柔軟かつ独創的な発想をする人です。
「いかに周りをあっと言わせるか」が人生のテーマです。
遊び心があり、新しいモノを創造することを得意とするので
煮詰まった現状をブチ破る起爆材として力を発揮します。

本能に忠実で思うがままに行動する姿は
まさに野生児(ワイルド)。
「ワクワクがムクムクだぜ!」とか
本気で思っちゃうところが実にキュート。
子供の頃の気持ちをなくしてしまった
中途半端なオトナからみれば羨望のマトです。

そのぶん、周りの人はちょっと大変。
時に「立つ鳥後をにごす」わがままぶりに、
お友達の苦労も絶えません。
まさに劇薬・取り扱い注意のキャラクター。

行動特性
「遠足で調子に乗って川に落ちたりするタイプです」

・物事を柔軟に捕らえるのが得意です。
・時に誰も考えないことを創造します。
・好きなことはやる。きらいなことはやらない。
・子供じみた駄々をこねたりします。

ウラ2:「キャプテン」厳しさと優しさの狭間にゆれる「アニキ系発想」
仲間思いのモラリスト。
礼儀やあいさつ、約束事などとにかく「仁義」にこだわり、仲間には惜しみなく思いやりを与えます。
「自分だけ良ければ・・・」などという気持ちとは最も縁遠い、いまどき貴重な「まっとう」なヒト。
ほめ上手なのは当たり前、他人の失敗を戒めたりする場面で、愛のある態度で接することができる「しかり上手」でもあります。

言ってしまえばアニキ/アネゴキャラ。
本物のチームを作れる
可能性を秘めた存在です。
しかし、わがままさんが多い現代社会にあり、
理想の通りにリーダーシップがとれるかというと
そこはまた苦労はつきないのであります。


行動特性
「基本的に『仕切り屋』です」
・面倒見がよく、仲間思いです。
・礼儀や人情を大切にします。
・平等をモットーにします。
・けっこうカタブツ。おせっかいなところもあります。


ウラ3:「リアリスト」情報や事実に基づき、合理的に物事をジャッジする「マジ系発想」
合理的な現実主義者。
世の中を観察、分析し、自分はいま何をするべきか筋道を立てて考え、冷静に答えを出します。

夢を現実に変えるには、その道筋を理解することが必要です。
ギターが弾けない人は、「ミスチル」にはなれない。
変身できない人は、「仮面ライダー」にはなれない。
そういう夢のないことをスパッと言いきることのできるヒトです。

合理主義なんてと言うと「カタブツで冷たい」イメージがありますがまったくその通り。(やや言いすぎ)極端な話ですがルールや規則でしばって、周囲に窮屈な思いをさせるところもあります。
きちんと筋道立てて話せない人と話すとちょっとイライラしたり、なにかとストレスも多いのがリアリストのつらいところです。

行動特性
「きっちりモノを考えるのが好きです」
・現実主義者
・合理的に考え、効率的にパパッとこなすのが好き
・冷静沈着。ピンチでもパニックにならない自信あり。
・一貫性のない発言をする人は許せません

オモテゲノム:話し方のクセ
オモテ1:「クール」ヒトはヒトカモメはカモメ。わりきり系のコミュニケーション
主な特徴
私は私、ヒトはヒト。自分だけの世界観を持つ人です。
「みんなと同じ」であることに価値を感じず、
自分の個性/信念に基づいて行動します。
ある意味、オトナ。

自分だけの世界観とか言うと頑固に聞こえますが意外にそうでもありません。
よくしゃべる相手には聞き役、社交が必要なときは当たり障りのない話と相手に応じたコミュニケーションをすんなりと操ることができます。
こうしたスムーズなコミュニケーションも「ヒトと自分は別なモノ」とわりきれているからこそ。

周りのヒトが反論や批判など強い意見を言っても、心の中ではそれほど動じません。
もめ事も少なく、さらりと会話をこなすタイプです。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-06 20:36 | いきつぎ(TBの守)

距離感ね~。

仮想環境における立体視に関する研究by-村 岡 希 美・八木田 千 春

距離感かあ。。。ふとそんなことを思って、ネットで検索してみた。
いろいろなご意見がございましたね、ほんとに。

アンビリバ○ーという番組で広島の一人の一女性教師が取り上げられていた。
スクールウ○ーズのノンフィクション版みたいな話だそうだ。。(ぼくはその番組知らないけど)
その番組を見て、ぼくの脳裏に「距離感」というキーワードが浮かんだんだ。

親子にしろ、兄弟にしろ、友人、恋人、配偶者。。。
対人関係における距離感。。。
それは、大切なことなんだろうね。
リアルに置いてもそうなんだから
では、ネットにおける距離感ていうのは、どうだろう?

適正な「距離感」
きっと一人一人が違うものさしだろうね。。
言葉だけのコミュニケーション。
たとえばそれは、同じ小説を読みながら、読者次第で感想が違うのと同じように、ここに書かれている言葉たちも、読み手次第でいかようにも変化する。
善悪の問題ではなく、事実である。

昨年から、ネットデビューして以来、実に様々な体験をさせてもらった。
おかげでぼくも少しばかりは、そのことを理解するようになってきた。
しかし、理解したからと言って、即、上達するものでもない。(苦笑)

時間をかけて、ぼくも少しづつ成長できるといいな。。。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-05 21:44 | いきつぎ(TBの守)

見つけちゃった!(笑)

リアルモテ非モテ診断

痛い。。。診断結果。。。(撃沈)。。。。
思い当たるフシがたくさんありすぎる(--;

結果書きたくないよお~。。。(T-T)
でも。。。。ここは一つ、我が恥を忍んで、
笑っていただきましょう!

貴方は
オレオレ自己主張型
「モテ系 非モテ君」 です。
はっきり言ってモテません!

貴方はこんな人(系統) モテ系(高)
男女問わず幅広い人脈を持っています。
頭の回転も速く、しゃべり上手でセンスもGood、女性との会話術にも長けています。
コミュニケーション能力にも優れているので、ちょっとした女性への気配りもさりげなくこなす、そんなタイプです。
ですから周りの男性からも、「お前は周りに女のコがいていいよなー」などと羨ましがれるほどに女性にも不自由はしていないようですし、あなた自身も多少はモテるとの自覚はあるのではないでしょうか。


あなたは「非モテ君度…中」と判断されました。
よーく考えてみて下さい。確かに周りに女性が多いとは思いますが、いざというところで逃げられてしまっていませんか?
それは相手に自分の価値観をおしつけがちで、女性に対しての思いやりや気遣いが、若干欠けているからです。
また相手のことを思って言った発言が裏目に出て「説教臭い男」になりがちなのもこのタイプ。
あなたの個性と自信は大切なことですが、時には女性の顔色も伺い、回りの空気を読むなどの謙虚な姿勢も大切にしましょう。
これだけでも女性の見る目が変わりますよ。

はい。。。すいません。。。ごめんなさい。。。
[PR]
by satsuki_ok | 2005-05-04 22:11 | いきつぎ(TBの守)