Leben


by satsuki_ok

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子豚とおじいさん

「身体が続く限り、この仕事は続けます。」
電話の向こうで、目が見えなくなっているその人の奥さんは言った。
その人は昭和30年からこの仕事を続けている。
子豚が生まれると毎晩2時間おきに子豚の部屋の温度管理や様子をみに豚舎まで出かけて。
幾度となくやめようと思いながら、今日の日まで豚と共に過ごしてきた。
目を患い体調を崩した彼には、いまさら他の仕事など思いつくわけもなく、じり貧の生活の中で、黙って内職をしている妻の姿を見ないようにするほかに、つらさを忘れることができる場所は、子豚たちのそばしかなかった。
奥さんは何度も何度も主人にやめるように言ってきたけれど、今ではあきらめとともに彼の生きがいとなっている唯一の仕事を取り上げることはできなかった。
何十年という月日の重さがその一言に凝縮されていた。
後継者もいないその場所でいまさら規模拡大もないだろう。
私は黙ってうなずきながら話を聞いていた。

彼は見えにくい眼をこすりながら、一生懸命子豚の話をしてくれる。
また来るからね、元気でいてくださいよと声をかけて、立ち去ろうとすると、ずっと見えなくなるまで見送ってくれた。


もう年だからとやめていった鶏の農家さんが言った。
「仕事は楽しんでしたほうがいい。そうしてまじめにしていたら必ずいいことがあるからね」と、お別れのときに激励の言葉をくれた。
右も左もわからないでいた新人だった私を育ててくれた人だった。
若い頃画家を目指していたけれど、母親が病気になった時に、家業を継ぐためにきっぱりと縁を切るために泣きながら絵筆を折った人だった。
母親が亡くなり何十年かたった時、箪笥の荷物の整理をしていたら、包み紙を見つけた。
そこには何重にも丁寧にくるまれたあの時折られた絵筆があったそうだ。
それを見つけた時、迷わず再び絵筆を握ったと、美しい風景画を見せてもらった。


日本は昔そういう国だった。
そういう美しさがあふれる国だった。
今を否定するわけじゃないけれど、時々そうした出来事に触れる度、何か大切なことを忘れているような気がしてしまう。
合理的でない出来事の中に、もしかしたら埋もれてしまっているものがあるのかもしれないと。
心に生き続ける人たちがいる。
そういう人がまだまだたくさんいるんだ。
[PR]
by satsuki_ok | 2007-09-20 23:38 | ジジのひとりごと

いちじくの実

あれはいくつの頃だったかしら
庭にたわわに実るいちじくに
唇をつけたその日から
私の時間は止まってしまったの

女学校へ通ったあの頃
自転車に乗れたことが誇らしくて
おてんばだって叱られたとき
真っ赤になったいちじくが
自分みたいで少し憎らしくてくやしくて
口いっぱいに頬張ったっけ

あれから何年たったのかしらと
考えることすらできなくなって
思い出すのはいちじくばかり

何も覚えていたくない
何も聞こえてはこない

おばあさんが鏡の向こうにいるわ
早くいかないとまた叱られちゃう
おかあさん、私これからどこへ行くのかしら
幼稚園のバスはまだ来ないの
もうすぐ私のお迎えが来るわ

いちじくの木のそばで
しわくちゃの顔の幼稚園生が待っている
何度も何度も同じ話を繰り返しにこやかに話しながら
母になり祖母になった娘と孫に見送られて




More
[PR]
by satsuki_ok | 2007-09-18 22:46 | poem

一生のうちの3回

誰にでも一生のうちに少なくとも3回は、
人生を見直すチャンスが与えられるという。

それでも多くの場合、そのチャンスを気がつくことなく、
今までどおりのライフスタイル、考え方を選んでしまいがちなそうだ。

いつでもやるべきことを全力で当たることも大事だろう。
しかし、時には立ち止まって、ゆっくりと自分を見つめなおす。
そんな時間もまたチャンスの一つなのだろうとおもう。

願わくば、人として恥じることない、そんな生き方を選びたい。

自分は弱いけれど、何も持ってはいないけれど、
たった一つだけでも、そんな生き方を神様に捧げられたらいいのに。

何も持たずにこの世に生を受け、多くの人に支えられて今日まで生きてこられた。
その感謝のしるしとして、残りの人生を生きていけたらと、そう思う。

願わくば、たった一人でも生きていけるそんな強さがほしい。
そうして得られた強さを、武器にするのではなく、
与え続ける人になれたらと。

誰にも覚えていられなくても、神様に覚えられるように。
誰にも知られなくても、神様に知られるように。
情けない自分も、受け入れながら
笑顔を作っていけたらいいのに。

とうさん、かあさん、あなたが教えてくれた愛を支えに
踏ん張って生きていけたらいい。
誰にわかってもらえなくても
私の心にあなた方は誇りです。
[PR]
by satsuki_ok | 2007-09-09 23:29 | パンの耳