Leben


by satsuki_ok

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

将棋

父が生前好きだった棋士「阪田三吉」
とある場所でシミュレーションゲームのことが記載してあったのを見て思い出した。
下品な将棋とも言われたりもしたらしいけれど、
この人の将棋に父はたいそう惚れ込んでいたっけな。

幼い頃、よく父と将棋をした。
一つ一つ駒をもって、それは嬉しそうに説明してくれていた姿が懐かしい。
桂馬や飛車や角が好きだった私は「いらちやなぁ」と父によく苦笑されてたっけ^^;
「歩」がほんまは一番大事なんやでって、将棋を指す度に何度も何度も話してくれたっけな。

若い頃、遊び人でならした父だったけれど、
母と私と暮らし始めてからは見違えるように
そんな世界からきっぱりと遠ざかった人だった。

遊んで暮らしていける、そんな人だったから
母と一緒に暮らしはじめてからも働かない日々が続き
財布の中には一銭もないなんてこともあったらしい。
そんなとき、母は財布を広げて、米びつを開けて
「あら、お米もお金もないわ」といって笑って話したそうだ。
そうすると「ちょっとまっとき」といって、当時はまだ規制がゆるかったのか
「シロタク(素人タクシー)いって、こんだけ稼いできた(笑)」と、母に札を渡していたという。

父の家族は誰もひとり父が働いていることを信じなかったけれど、
私はずっと見てきたから、家族のために一生懸命働いた父の姿を。
父が亡くなり、祖父や祖母が亡くなったとき
遺産相続の話で本家に呼ばれたとき
父がこの家に寄りつかなくなっていた理由が心底わかった気がした。
夏期休暇の時ですら、母が体調崩して本家には行けないというと
「おまえがいかへんねやったら、オレもいかん」といって駄々をこねていた(笑)
「いったい誰の実家やの。。。」と笑ってた母。

想い出っていいね、こんな風に暖めてくれるものがあるって。
本当にこの人たちの子どもに生まれてよかった。
そうしみじみ思えた夜だった。
[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-30 23:05 | ジジのひとりごと

価値

私自身のトラウマといえば
たぶんたくさんあるのだろうけれど
今の自分があることは
それらもすべてふまえた上だと思っている。

自分の容姿にしても
考え方にしても
生き方にしても
どれも自分で選んできたものだと思う。

他人がその価値についてどう思うとしても
それはあくまでもその人の価値観であるわけだから
それをとやかく言うつもりもない。
私自身がその人の価値について
どう思うかもまた私の自由であるのと同じように。

たとえば美というものに対して
何をもってそう感じるかは
千差万別であると思う。

見かけの美しさ
それも大切なことだろう。
ある人にとってはそれは何物にも代え難いほどに。
心の美しさは見えなくても。

たとえ見かけが悪くても
野菜の栄養価に変わりはない。

最近私は特にそのことを強く感じるようになった。

なにかの道を極めた人々に通じる美しさは
宗教家のそれであったり
芸術家の放つ香りであったり
料理であったり
なにか技術に打ち込むことで磨かれていくのだろうか。

ストイックな美しさというのだろうか。
混じりけのない透明感。
近頃特にそういうものに憧れる。
[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-18 22:58 | ジジのひとりごと

血のつながり

私には会ったことのない姉妹が二人いる。
生まれたこともその存在すらもタネが亡くなるまで知らなかった人たち。
相続のことで弁護士から連絡を受けたらしく、
ある日一番下の妹から電話が来たことがある。
存在を知るとどうしても声が聞きたくなったのだと弁護士は言って電話を替わった。
「こんばんは、はじめまして。」というと、
電話口でしばらくの無言の後、一言だけ
「。。。。こんな声してるんだぁ。。。」と言った。
後にも先にもその人と話したのはそれ一言きり。
いったいどういう印象だったんだろうと時折思い出す。

母が手切れ金を渡してまでも離婚したかった相手と
その後結婚した女の子供たち。
それなりに幸せだったのだろうか。

生まれた街に行ったとき、当時住んでいたご近所さんが開いている店に行った。
本当に幸せそうだ安心したとその人は言った。
あっちは大変だったみたいよ、と。

血のつながりだけで愛情がわくか?と聞かれたら
私は即座に「NO」と答えるだろう。
血のつながり。。そのこと自体にあまり大きな意味があるとは私は思っていない。
もちろん憎悪もない。
それは限りなく「無知な存在」でしかない。
知らないところに愛情はもてない。

しかし。。。
もしも私がこのままひとりでいて
母が先になくなれば、私の持っているものはいったいどうなるのだろうかと
時折考えてしまうことがある。
きっと、今の法律で行けば、その姉妹へと渡されることになるのだろう。
遺留分を請求されれば、渡さざるを得ないのだろうな。

そう考えたとき、やはり遺書を残しておかなければいけないと思った。
自分の生前の意思を知らせられるだけのものは残して死にたい。
まだ作ってはいないけれど。

出来うるなら、愛し愛されて、
そういう関係の人が出来てから、ずっと信頼できる人が出来てから
私は遺書を作りたい。
その人に残して上げられかもしれない私のすべてを書き残して。

長くは生きられないかもしれないと
幼いときから想いながら
なぜかこの年まで生きている。

今のただ一つの夢は
愛し愛されたという実感の中で死を迎えたい。
一番贅沢なことかもしれないけれど。
ずっと夢のままかもしれないけれど。
それでも夢見ることを止めることが出来ない。

正真正銘のお馬鹿だな(苦笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-18 20:50 | ジジのひとりごと

きんもくせいの朝

c0009762_20452026.jpgc0009762_20444093.jpg

毎週末は、スコティッシュテリアのシャンプーをする。
彼女はとてもきれい好きなので、シャンプーもドライヤーも大好きだ。
きれいになったら、ブラッシングして、お気に入りの服を着せて上げる。
彼女の今の流行は、真っ赤なアロハ(笑)
普段着はバスケット選手のような
真っ赤なランニングシャツがお気に入りだ。
今朝は天気もよいので、彼女も上機嫌だった。
おもいきり庭で走り回り、今はぐっすり夢の中のようだ。(笑)
特に今回は、シャンプーを変えてみたら、肌にあったのだろう、
すこぶる気持ちよさそうで、本当によかった。

ここ数日、寒暖の差が激しかったせいか、少し風邪を引いてしまったのだけれど
庭ではことのほかキンモクセイが美しかったので、
香りを思い切り吸い込んで楽しみながら撮影した。
朝らしい一枚に仕上がってるといいのだけどね。
きっと今度雨が降るか、寒さがませば散ってしまうだろう小さな花たち。
こんな小さな花なのに、香りでは何ものにも負けないほどの存在感。
香り立つような人間性なんてものがあるとすれば
こんな人生も悪くないだろうね。

[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-12 20:45 | 自然

ひとり遊び

いつからだろうね
ひとり遊びがうまくなって
寂しさなんて秋のせいだとうそぶいて
自分を変えようなんて本気で思わなくなったのは

気づいてしまった自分の弱さ
見過ごせなかった自分の意地っ張り

わかっちゃいるけどやめられない

それならそれで
なんだかんだ言いながら
今の自分を楽しんでしまおう

一色の色でキャンパスが染まってしまったら
もうそれは絵画ではないから
いろんな絵の具を落としてしまおう

水色も
赤色も
金色も
濃い青も
黄色も
ピンクも
緑だってぜーんぶ。

涙も
情熱も
理想も
知性も
感情も
恋心も
自然なままで
天然色のままぜーんぶ。

その方がきっときれい。
完成したときにはきっときれいに見えるはず。

だから今は素直になりたい。
ただ心のままに生きていたいと思うんだ。

[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-09 21:00 | poem

秋の雨に思い出すこと

あれは、何年前のことだったかな。
職場にアフリカからの研修生がひとりやってきたことがある。
彼の国はイスラム教が主流であったため、
粗相があってはいけないと思い
初対面で彼に「イスラム教ですか?」と尋ねた。
ちょっと驚いた顔をして「いいえ、僕はクリスチャンです。」と彼はにこやかに答えた。
アフリカ人の割には背があまり高くなく、肌の色が違うことを除けば
2児のパパらしいむしろ日本的な落ち着いた雰囲気のただよう人であった。

あまり英語が得意でない私だけれども、
彼のイギリス英語は割と聞きやすく
宗教のこと、家族のこと、文化の違いや
なぜこの職業を選んだのか等々いろんな話をした。
時々お互いに辞書を引きながら(笑)

彼はまるで生まれたての子供のように
ありとあらゆることに興味を持ち、次々と理解を深めていった。
非常に柔軟な思考の持ち主だったと思う。

ある時、私が当時時々出かけていた教会へ一緒に出かけた。
普段はお互いあまり教会に出かけない二人であったけれど(笑)
「こうしてこの国で礼拝に行ったというと、ワイフは驚くだろうなぁ」といって笑っていたほどに。
「きっといつも奥さんや子供たちが祈ってくれているから、こうしていることが出来るんだろうね」というと、うなずきながらまじめな顔をして遠くの空を見上げていた。

彼が我が家に遊びに来たときがちょうどこの季節だった。
「電話使っていいよ」というと、本当にこころから嬉しそうに
「ありがとう」といって家族に電話をかけていた。
電話が終わると、娘が学校で一番の成績を取ったらしく
将来は教師にしたいのだと言っていた。
教師にして、いつか日本に来させたいとまで(笑)

半年ほど一緒に仕事をして数回家に遊びに来ただけの人であるけれど
彼は私と家族に大きなプレゼントを残してくれた。
肌の色が違っても住んでいる環境が違っても
心の交流は出来ること、そしてその思い出は消えたりしないことを教えてくれた。

私は思う、たとえネットの間だけであっても、同じことだと。
この画面の向こうには生きている人がいて
その人は自分とは全く違う世界に今いるとしても
こころの交流って出来るのだと。
先入観という縛られた枠組みさえもたなければ。

こんな秋の雨の日には決まって彼のことを思い出して
あったかい気持ちになれるんだ。
[PR]
by satsuki_ok | 2008-10-05 16:41 | ジジのひとりごと