<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仕事とバナナ

誰のために仕事をするのかと聞かれたら、なんと応えるだろう。
まちがっても上司のためではないな。
クライアントのため、それは確かにそうだけど、自分自身のためである。
自分の欲を満たすためではなくて、いろんな意味で成長できるチャンスが多いとも思うから。
成長する時って、必ずと言っていいほど大いにチャレンジをうけるときでもあるから、
苦しいと思うとき、つらいと思うとき、悲しいとすら感じるほど虚しいときもある。
でもなぁ、それでも続けていきたいと思うのは、それを乗り越えたりしたときに、
その気持ちを忘れてしまうほどの達成感と喜びがあるからなんだよね。
我慢とか忍耐とかってとかく嫌われ者だけど、結構大切だよね。
そればかりではつらすぎるけど、ね。

学生の頃、本当に貧乏だったときがあって、米が買えなくて麦だけの飯を食べたことがある。
専門書って本当に高いから、買える友人から借りて、全部学校でコピーしたりとかしてさ。(笑)
そんなときだっけ、私が学校の行事で会計を任されていたときがあって、行事の最中に預かっていたお金が盗まれたことがあった。
警察沙汰にしたら、その人の将来に傷がつくだろうと(もちろん資格は取れなくなる)とおもったので、私は最後まで警察に届けるのを反対した。その盗まれた場所には将来同じ職業になる人間しかいなかったから。
でも、結局は容易に返すことがが出来ない私のことを思って、一緒に役をしていた友人が警察に届けてくれた。
その夜、その友人の家のポストに、使い込んだ残りのお金が封筒に入って投げ込まれた。
そのことを電話で母に伝えたら、1週間後、大量のバナナが学校に届いた。(笑)
当時母が働いていた場所にお願いして職場の人たちに手伝ってもらって「学校の皆さんへのお礼として配ってくれ」といことだった。
泣きながら食べた1本のバナナ。
その夜、母の想いを感じた友人(警察に通報してくれた友人)に、彼自身の家庭の打ち明け話をきいた。
彼の強さがそこから来ているのだと、初めて知った。

いろんな人たちに助けられて今の私がある。
おいそれと辞めることは出来ない。
ふんばれ!自分!
[PR]
by satsuki_ok | 2008-12-19 22:29 | ジジのひとりごと

出来事のプロデュース

毎日ニュースで「不況」「リストラ」「金融危機」
そして「強盗」「詐欺」「殺人」
どこかの国では「暴動」「戦争」「貧困」
恐ろしくバランスの崩れた世界。

この混沌から生まれてくるのは
パンドラの箱の最後の「希望」ではない気がする。

でもそんなときだからこそ
第1コリント13章13節
「こういうわけで、いつまでも残るのものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。」
という聖書の言葉の剣光がますのかもしれない。

この愛とは
「愛は寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、
人のした悪をおもわず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
愛は決して耐えることがありません。」
のこと指しているのであって、惚れたはれたの恋愛ではないことは言わずもがなだ。
もちろん生きていく上で、エロスも時には必要だとは思う。
肉体がある以上求めないではいられないのが、サガというものだから。

でもね。。。
サガ、それだけでは生きていけない。
惜しまずに与え続けるだけの突き動かされるような情熱にも似た魂のエネルギーもなければ。
「あなたを愛している」とは言えない。

人が人を愛する、これ以上のこれ以外の解決策なんてありはしない。
美辞麗句や御託を並べてみたところで、それ以外の解決策はないんだ。

甘えの時代からの脱却。

どんなに小さく見える愛でも、その一つでもきっとどんな宇宙よりも広く深い。

Do it!
なげやりにならない、あきらめない、目に見えない出来事をプロデュース。
Plan Do Check Action。。

変化は自分で創りだせ!


自戒の言葉。。
[PR]
by satsuki_ok | 2008-12-17 21:18 | ジジのひとりごと

データ整理

プレゼンテーションを来月に控え、今データの整理に追われている。
一年間蓄積してきた様々なデータを入力し、分析し、考察する。

あらかじめ、ストーリーは出来上がっているけれど、
果たして予想どおりのデータになるかどうかは、
生き物が相手の場合、かなりファジーだ。
生きているというのは、実に様々な要素に影響を受けるもので、
気象ひとつで全く違った結果となる。
そのすべてをプログラムされた環境で実験するのではない場合、
まったく予想もしない結果になることも少なくない。

そこで、その場合は、いったい何が原因として考えられるのか、
それを科学的にデータで裏付けし証明していかなければいけない。

だれがいつどこでなにをどうしたか?
5W1Hの法則。。。
基本はいたってシンプル。

そうすると、データの数字の羅列の中に見えてくるものがある。
連続がとぎれてしまう空間。
そこに意味づけをする。

悩んで迷って「私はいったい今は何をしてるのか?」とおもうほど、
最後にはもうろうとしながらにらめっこしてみる。
それでもヒントが浮かばなければ、
全く別のことをして気分転換をする(笑)
コレが意外といいヒントになる(笑)

高校時代だったかなぁ。。
どうしても一問だけ解けない数学の宿題があって、
すっきりしないけれど、諦めて寝た。
夢の中に入り際、いきなり問題を解くヒントが浮かんできて
がばっとベットから飛び起きて問題を解いたことがあった。(笑)

なんとなくね。。。コレって生き方っていうか、恋も含めて似てる気がする。
いろいろと突き詰めるのもいいけど、ある意味放置するのも大事なことだよね(笑)
自分の気持ちを知る上で、ね。
相手を試したりするためじゃなくて。

さて、と、四方山話はこのくらいにして。。仕事に戻るかな。。(苦笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2008-12-03 20:34 | ジジのひとりごと