Leben


by satsuki_ok

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私は女神なんかじゃない

私は女神なんかじゃない
あなたも神様なんかじゃない


どうしてもっと
正直な気持ちをぶつけてこないの


本当は平気なんかじゃないくせに
強がってるなんて
似合わないのに


大人のふりはよして


嫉妬で苦しかったって
正直に話して
泣きそうな気持ちを圧し殺して平気なそぶりで過ごすのはつらかったって

もっと裸でぶつかってきて


あの人に気持ちが移ってもいいの?


ばかぁ~!


って聞こえた気がするのは、気のせいでしょうか?(笑)
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-30 21:03 | fainal

猛暑

君を抱きしめて
身動きがとれないほど
抱きしめて
息ができないくらいキスしてしまいたい


猛暑さえも
恥ずかしがるほど
愛してると叫びたいんだ

バカね
って君はいうけど
恋なんてそんなもの


走り出したら
どこまでだって

誰にも止められやしない

君はまだ知らないだろう

切なさを秘めた恋心


いつか大人になる日まで
この僕が君だけ抱き締めるよ
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-29 20:02 | fainal

あんなに

きれいな貴女を見てしまったら、恋せずにはいられない。

我を忘れて見いってしまう。
あの日の浴衣姿みたいに。

好きだよって
伝えることすら
できなくて
ただ見つめてる。


可愛すぎて
たまらなく
貴女が欲しくなってしまうよ。


指先で触れることが出来るなら
頬に触れ
髪をかきあげ
耳元で貴女の名前をよんで
「愛してる」と
囁きたい。

唇で耳たぶを甘く噛んだら
貴女の吐息が聞こえてくる。


熱いときめきだけ
抱きしめて
吐息だけで語り合いたい。


そんな夢をみてしまう。

愛してるよ、誰よりも。
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-29 20:02 | fainal

君を思う気持ち

君を思う気持ちにうそなどない

けれど
君の幸せを考えるとき
ふと立ち止まり
鏡に写った自分の姿に
いいようのない
悲しみが胸のなかを
締め付けるんだ


通りの向こうを
颯爽と歩く王子にはなれない


君を助けだしに
眠れる君に
キスなどできない


好きになるほど
苦しくて

いっそ嫌われてしまいたくなる


どこかに逃げ出したくなる


君に嫌われたら
さらに苦しくなるのがわかっていても

それで
君の幸せが守れるなら


嫌われたい


うそつきって
大嫌いって
信じられないって


また
心が死んでいた頃に
戻るだけだから


大丈夫だから

幸せになってくれ
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-28 20:00 | fainal

メトロノーム

貴女を思う気持ちに
うそなどないけれど

まるで障害物競争みたいで
急かされたら転んでしまいそう

立場がとあなたはいいながら
強く引き寄せたりしないで

揺れてしまう
ぐらぐら揺れて
まるで心はメトロノーム

一瞬前と
一瞬後で
正反対な答えが浮かぶ


迷いがあるほど
あなたを失いたくない


だけど


わたしは信じていいですか


あなたを信じていいですか


この先どんなにアスレチックな悪路でも
飛び越えられる翼が欲しい


わたしを守って
優しく微笑んで
穏やかな腕のなかで
安らぎたいの
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-28 19:59 | fainal

秘密

嫌われたら
失うことが怖くて
伝えられない

心の全てに寄り添うように
今できる唯一のこと

先のことなんてわからない
だけど
今あなたが必要だと求められているうちは
そばにいたいんだ

いつかは
伝えなくちゃいけない
あなたを失うかも知れなくても


でも
後少し
もう少しだけでも
一分一秒でも長く
そばにいたいんだ


わがままだって
わかっているのに


好きな気持ちが
とまらない
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-27 19:58 | fainal

あの日の花火

いつもそばにいるって
あなたは言ったのに

気がつけば
いつも私は1人
あなたを思ってる

あなたは仕事のふりして誰とどこにいるの?


ばかだなって
今すぐ抱きしめて
君だけだよって
笑って見せて


こんなに好きなのに
知らないふり

わたしだけを
もっと見ていて


痛んだ胸が
心の場所を知らせてくるの


伝えたいのに
素直にできない


どうか通じて
私を独り占めにして


あなたが好き
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-27 19:56 | fainal

夏の夜

待ち合わせたあの場所で浴衣姿の君を見つけた

あの日、思わず見とれてしまってハシを落とした
不思議そうに眺めてた君

花火を見上げる横顔が
ふいに大人びた表情で
急に切なくなったんだ


抱きしめたい
独り占めにできたなら


そんな想いを伝えられなくて
見上げた空には月の雫


愛してると君の背中に
1人、つぶやいた
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-24 19:55 | fainal

熱帯夜

遠いと思っていたきみからこぼれだしたの心のかけら

すくいとりかざしてみたらきらきらと輝き
祈りにも似たパッション


走り出した熱帯夜


激しい胸のうちに
咲いてしまった光と影


真実の口が語りだす
隠しきれない瞳


溺れてしまうほど
頼りなく切ない思いを
あなたは知らない


抱きしめてしまいたい
[PR]
by satsuki_ok | 2012-07-18 20:42 | fainal