旅の途中

何処を旅しているのかわからない。
何を探しているのかわからない。

再び会うことができるのか?
再び言葉を交わすことができるのか?

そんなこと、わからない。

いま、ぼくは、貴女のために
祈る旅の途中なのかもしれない。

貴女に出会えたことを
「共鳴」する心に出会えたことを
感謝していく旅の途中なのかもしれない。

今も流れている貴女の心。
何かを見つめ、何かに心動かされ、
固まることなく、動き続ける貴女の心。
ぼくはそれが好きだった。

そんな貴女が好きだった。

求められてもいないのに、
雨が降るように、
望まれてもいないのに、
生まれてくるように、
ぼくは、貴女に恋をした。
[PR]
# by satsuki_ok | 2004-12-25 19:25 | sensitive plant

解放

鈴虫が鳴いていた。
秋の気配が近づいている。
ぼくの恋も今夜は休息。

風を感じたい。
縛りつけたくない。
自由でいたいんだ、今夜は。
一人で、自分の心に安らぎたい。

たしかに、ぼくはここにいる。
今を生きている。
過去も未来も考えたくない。
今、この時を、ここで一人過ごせる喜び。

解き放て、自分を。
もっと、大きな愛の中へ。

何に遠慮することがある。
叫べ、自分の心を。
言葉にできない想いを。

まるで、赤ん坊のように
ただ泣きじゃくってもいいじゃないか。
まるで、酔っぱらいのように、
傍若無人でもいいじゃないか。

叫べ!叫べ!

まるで、オオカミの遠吠えのように、
ぼくは、今夜は月に叫ぶ。
[PR]
# by satsuki_ok | 2004-12-25 19:24 | sensitive plant

まぼろし

ぼくの中の貴女には、
形がない。

ぼくの中の貴女は、
文字でもない。

たとえていうなら、
香りのような
たとえていうなら
妙なる調べのような
目には見えないけれど、
感じる心。

ぼくの心も見えないでしょう?
ぼくの命も見えないでしょう?

だけど、
これ以上に確かな存在などない。

言葉も肉体も
心を感じる以上に
確かなものなどないんじゃないかな。

愛は人の心の中にしか、住むことができない。

目に見えるそんな世界に物理的な形では存在しない。

信じる以外にぼくに何ができるだろう。

貴女が本当はどんな人であるにしろ、
あの時ぼくが感じた心は
本物だった。

ぼくが貴女に恋してしまったことは、
貴女には申し訳ないけれど、
本当なんだ。

応えてもらえなくても、
貴女に嫌われているとしても、
誰かになんと云われても、
貴女に他に好きな人がいても、
恋をした事実は変わらない。

ごめんね、好きになってしまって。
ごめんね、忘れることもできなくて。
ごめんね、ほんとに。

誰も見ていない。
ぼくだけの心の結晶。

粉々に散ったなら、
カオスから、希望が見えるだろうか・・・。
[PR]
# by satsuki_ok | 2004-12-25 19:24 | sensitive plant

海と空

せつなさが海
恋しさが空
海と空が交わることはない。

互いに写してみるけれど、
交わることの決してない運命(さだめ)

こんなにも
胸が痛むのは、そのせいなのでしょうか。

主よ、貴方の作られたこの世界。
ぼくは苦しみながら生きていくのですね。
喜びを受けることなく、
ただ、耐えぬいて・・。

ひた走るその先に
主よ、貴方が待っていてくれるのでしょうか。
あの人は、そこにいるのでしょうか。

あの人がそこにいるなら、
ぼくは耐えていきます。
この肉体から、魂が解放されるときまで。

あの人のために祈るように、
あの人に恥ずかしくない生き方を、
ぼくは生きたいとおもう。

貴女に出会えたから、
ぼくは、生きる意味を知ったのかも知れない。
[PR]
# by satsuki_ok | 2004-12-25 19:22 | sensitive plant

祈り

神様に愛される過ぎると、
早くに、おそばに呼ばれちゃうんだよ。

虹を見つけた喜びを
分かち合ったあの友人。
優しすぎたあの人。
まっすぐに生きたあの人も。
真夏の青空の下、空に帰ってしまった。

きっと、貴女の大切な人も。
愛されすぎたんだね、神様に。

ぼくは、まだ、こうして生きている。
きっと、だめな奴だから、
まだ、呼んでもらえないんだね。
しなければいけないことが残っているんだね。

貴女も、
貴女の望む人に出会えるといいね。
いつかきっと貴女にも現れるだろうね。
ぼくは、そう祈るよ。
貴女がその人に出会えるために。

貴女の笑顔、守れる人が
貴女の幸せを、守れる人であるように。
[PR]
# by satsuki_ok | 2004-12-25 19:21 | sensitive plant